盗聴されていると感じたら|情報が漏れているかもと心配になったら盗聴の発見を業者に依頼
作業者

情報が漏れているかもと心配になったら盗聴の発見を業者に依頼

盗聴されていると感じたら

調査員

素人では発見は難しい

「盗聴されているのではないか」という不安を抱えたら、盗聴器調査を行ってもらうと良いでしょう。盗聴器は小型化しており、どうしてこんなところにというような場所に隠されていることも多いため、素人では自分で盗聴器調査をしても見つけられないというケースがほとんどです。「被害がないから」と放置しておくと、最悪の場合には誘拐やストーカー被害などが起こる可能性がありますので、不安になったら盗聴器調査を依頼しておきましょう。近くに盗聴器調査を依頼した人がいないということの方が多いですし、多くの業者があってどこを選べばいいのかわからないという人も多いです。盗聴器調査を行う人のスキルによって結果は大きく違ってくると言われていますので、業者を選ぶ時には細心の注意が必要です。

見つかるのは約1割

盗聴器調査は面積で料金を決められているものが多いです。何平方メートルか、何部屋かという単位で料金が決められているケース、他にも調査にかかる時間によって料金が決まるケース、これらの料金+盗聴器の撤去費用込みというケースがあります。実際に盗聴器調査を行っても、盗聴器が見つかるのは約1割ほどだと言われており、ほとんどの場合には調査だけで終了します。その点も理解した上で業者を探すようにしましょう。また「盗聴器は見つかりませんでした」と言われたとしても、その業者に対する印象が良くなければ「本当に盗聴器は見つからなかったのか」と疑心暗鬼になり、新たな業者に盗聴器調査を依頼することにもなりかねません。印象が良い、信頼できると感じた業者に依頼することが大切です。