作業を始める前に|情報が漏れているかもと心配になったら盗聴の発見を業者に依頼
作業者

情報が漏れているかもと心配になったら盗聴の発見を業者に依頼

作業を始める前に

作業員

自分でやる場合

固定電話を使っていると、なぜか急に雑音が入るようになった、別れた彼氏が度々外出先に現れる、多額の負債を抱えているなどといったことが当てはまるなら、盗聴調査をやってみるのがおすすめです。ただ、専門の盗聴調査業者に依頼するほどでもないと考えているなら、自分で探してみるのも良い方法で、最近では発見器が市販されているので試してみましょう。気をつけておきたいのは、怪しい電波を見つけたら、それが即盗聴器であると判断しないことです。ファックスやパソコンなどの微量な電波を発するものにも反応してしまうため、まずはその場で声を出してみます。そして発見器のスピーカーから聞こえるかどうかで判断しておくと、作業がスムーズです。

プロに任せるなら

不安なら、やはり専門の盗聴調査業者に依頼しておくのが良いのですが、どこでも構わないわけではないため、慎重に探しておきたいものです。中でも資格を持っているのかどうかは重要で、十分な知識がないのであれば自分で行なった時とほとんど変わりませんし、何よりも違法な方法で取り外した場合、せっかく盗聴器を見つけても、裁判では証拠になりません。電気や電話に関する工事資格を有しているのかを聞いて、最低でも民間資格くらいは持っている盗聴調査業者に依頼したいです。盗聴調査業者からすれば立派なアピールポイントですから、ホームページにアクセスするとすぐにわかるようになっているでしょうから、そうでない場合は資格がない盗聴調査業者だと判断して良いです。