子供を守る方法|情報が漏れているかもと心配になったら盗聴の発見を業者に依頼
作業者

情報が漏れているかもと心配になったら盗聴の発見を業者に依頼

子供を守る方法

作業者

居場所の特定サービス

子供を狙った事件は時代に関係なく多く発生しています。心配なので愛する我が子の居場所を把握したいというニーズの高まりから、gps追跡サービスや機器が開発されました。gps追跡サービスは携帯電話やスマートフォンを子供に持たせ、位置情報を親はスマホやパソコンで確認できるサービスです。親が居場所確認できるだけではなく、迷子になったときに子供が自分の居場所を通報できるサービスもあります。携帯電話各社により内容に違いはありますが、月額数百円から導入できます。ただ、学校により携帯電話やスマートフォンの持ち込みが禁止されている場合もあります。また、子供にはスマートフォン等はまだ早く感じ、持たせたくない親もいるでしょう。その場合、専用機器を利用する手があります。

子供にも何故持つか説明を

スマートフォンが様々な理由でgps追跡機器として利用できない場合も、セキュリティ会社等からgps機能付き専用端末を利用すると良いでしょう。防犯ブザー付きの商品もあり、不審者に襲われても助けを呼ぶことができます。公共交通機関を利用して通学している場合、ICカードから駅を利用した事を親に知らせてくれるサービスもあります。多くのサービスがありますが、親は日本の誘拐事件についても知っておく必要があります。子供の連れ去りは夜間ではなく下校時間の15時台に多く発生しています。明るいからといって安心はできません。誘拐事件は子供以外にも起きていますが、年間の事件の7割は二十歳未満の子供です。小学生に多く、小学生は親に不審者に何かされた事を話しにくい年頃でもあり、発覚が分かりにくいです。gps追跡機器の利用について、子供にも事情を理解してもらう場も必要です。